株の選択方法
株の選択方法
2018-04-11
株の世界では、「最大のリスクは経験がないこと」と言われています。

株取引において、一度株を購入することで得られる知識は、身を挺した実践でこそ学ぶものがあります。

株価は上がるか下がるしかないので、まずは、例えば、プラス1万円で利益確定と、マイナス1万円損切りのルール作りなどをしてから、自分の余裕資金でその株の最少投資金額で買ってみましょう。

買い注文の手順はどんな金融商品でも共通で、「買いたい価格」と「枚数」を指定します。

まずは、銘柄コードで検索をして「発注画面」を表示させ、そこにある「板」には、売りと買いの注文枚数の状況を表示したり、前日比・高値・安値など、その日の値動きの情報も表示されています。

「板」を参考に、銘柄の売買単位を確認して、株の枚数と値段を入力し、「指値」か「成行」の発注を行います。